いきなり瞼が腫れて、ギョッとした経験はありませんか?
瞼の急な腫れには、放っておいて自然に治癒していくものから、ひどくなって受診が必要になったりする場合もあります。あらかじめいろんな症状を知っておくことで、症状が自宅で改善できたり、ひどくなる前に医師の元を訪ねることができます。

ところで原因は一体何?

生活習慣による瞼の腫れのほとんどは、自宅で改善することが可能です。

例えば、夜更かし・寝不足や夜更かし・お酒の飲み過ぎなどは、目の周りを冷やしたり、しばらく目を閉じて
休息をとることで改善がみられます。

代表的な病気としては、かゆみや痛みを伴うものもらい・アデノウィルスが原因で起こる結膜炎・体に侵入したアレルゲンが原因になって起きるアレルギー・ストレスや疲労、食物、薬剤などで症状を引き起こしてしまう浮腫などがあげられます。

アレルギーとは?      

アレルギーは体を守る免疫に、花粉やハウスダスト・食物などの体に合わない物質が体内に入った際、その物質を体から追い出すために体が拒否反応し、その作用で炎症が起きることでアレルギー症状となって現れます。アレルギーの原因になる物質は、200種類以上もありこれらを”アレルゲン”と呼んでいます。

アレルゲンが何に反応するかは、遺伝性のものから、その人の体質によって反応してしまうものまで様々です。
アレルギー症状の特徴として、瞼の腫れの他に目のかゆみや、充血、涙が止まらなくなる、などが代表的な症状です。主なアレルギーの源として、食物、シャンプーや化粧品に含まれる成分に反応して起こるアレルギー、金属、花粉(花粉症)、薬剤、動物などアレルギーの原因は、いたるところにあるのです。

 


何かの症状があらわれた時の対処法


・目をこすったりいじったりしない

目に違和感があると、人間は自然に手をやりこすってしまったりしてしまいます。

しかし、目をむやみにこすってしまうと、雑菌が入り悪化させてしまう可能性があります。

どうしても我慢ができないかゆみであれば、眼科を受診しましょう。

・冷やす⇄温めるを繰り返す

目の周りを冷やしたり温めたりを繰り返すことで、かゆみを抑え血行を良くする効果があります。

血行が良くなることで、腫れがひきやすくなる場合があります。

そのほかにも、首や肩を揉んで、顔周りの血行を良くする方法もあります。

・心当たりのあるアレルゲンを取り除く

腫れの原因となるアレルゲンを取り除くことで、症状が治まってきます。花粉やハウスダストが原因であれば、

こまめに掃除機をかけるなど家の中の掃除をこまめに行いましょう。

シャンプーなどの何かしらの成分の疑いがあるときは、使用しているものを変更しましょう。

・免疫力を高める

アレルギーは、体調が思わしくないときや、ストレスなどからも発症する場合があります。日頃から、バランスのとれた食生活や質の良い睡眠を心がけましょう。