薄毛の原因が近代医学で解明されるようになってきましたが、育毛剤と呼ばれているものと、 AGA治療の違いは何なのでしょうか? 育毛剤といっても、医師の処方の元で使用するものや、医薬品とは異なるコンビニなどで買うスプレータイプのものなどの、化粧品の部類に入るものもあります。実際、低価格で簡単に手に入ってしまうものが飛ぶように売れた時期もありましたが、現在ではプロペシアのように、医学的、科学的に効果が立証されているものに手が届くようになりました。プロペシアが医薬品ということもあり、信頼されている証拠でもあります。

AGA治療と医薬品の育毛剤の効果の違い
AGA治療で処方されるものは、プロペシア、ミノキシジル、フィナステリド、ロゲイン
などが挙げられていますが、医薬品の育毛剤もプロペシアなどの、これと同じものが含まれています。

では、何が違うのでしょうか?どちらも同じとなると、やはりきちんと治療を行った方が良いのかもしれません。しかしながら人それぞれ、生活のサイクルも違います。治療を行うとなると、それなりに時間や費用がかかってしまいます。薄毛で困っていて、育毛がしたい
けれど、治療まではちょっとという方は、まずは育毛剤の効果を試してみてはいかがでしょうか? AGAの治療はカウンセリングなど、スペシャリストと相談してからの開始となりますが、結局のところ、プロペシアの効果の現れは、どちらもほぼ同じ速度といえるでしょう。
薄毛の人にとって、薄毛というのはそれだけでもストレスになってしまいます。薄毛の最大の敵はストレスなので、まずはプロペシアなどで育毛の効果を期待するのも良いカロ思われます。しかしながら、育毛剤に含まれる成分によっても育毛の効果が変わってきます。
男性ホルモン自体に働きかけるもの、頭皮の血行をよくするもの、毛根に栄養を与えるもの、皮脂の分泌を抑えるものなど、それぞれ違います。人によって、効果の出方も違いますし、相性もあります。

男性のAGAの原因の一つに、ホルモンバランスの崩れというものがあります。プロペシアを続けていくことにより、着実に効果を実感できるでしょう。プロペシアの服用と同様に、
自身の健康管理や、精神状態の安定(ストレス)などにも、気おつけていきましょう。
プロペシアは、数ヶ月飲んだからといってすぐに目に見えて効果が現れるものではありません。これはAGAの治療においても同じことがいえます。プロペシアの効果がすぐに目に見えないからといって、ストレスにならないようにしてください。