男らしい男! なってみたいですよね。生まれ持っての性格や、育った環境にも左右されますが、もう一つ。男性ホルモンの「テストステロン」は男の活力の源とも言われています。
このことからテストステロンはモテホルモンとも呼ばれています。

テストステロン

テストステロンは激しい競争社会で生き抜いていくのには、必要なホルモンなのです。
例をあげると、勤務中はテストステロンは増加し、家庭に帰ると減少するともされ、赤ちゃんを抱っこしたおりには一気にぐんと下がると言われています。リラックス時にはテストステロンは不要なのかもしれません。

金融街で働く男性たちは、このテストステロンの血中濃度が高い日には、それだけ高い利益を出す傾向があることを研究でも報告されています。

どこで作られるのか?

男性ホルモンの95%が睾丸、残りの5%は副腎で合成されて分布されます。テストステロンの原料は、本当はできれば避けたい”コレステロール”ですが、体内でテストステロンに生合成されていきます。

テストステロンの必要性

男性が若さを維持するのには、テストステロンが必要となります。いわゆる「ワイルドでセクシー」といったことには、とてもよく関係しているのです。

記憶力の向上 (思考力、決断力を含む)
寿命延長作用
抗肥満作用
男性力の維持(筋力、ヒゲなど)
生殖機能 (性欲、性衝動、勃起力)

これを逆説でいってしまうと、「粗っぽくて、デリカシーがない」といったことにもなりかねませんので、くれぐれもご注意を。

テストステロンが無くなると

性機能の衰え
消極的傾向になる
男性的思考の減退
野心の減退

俗に言う「この女々しい奴め!」がこれに当てはまります。

モテホルモンで攻めてみよう

モテホルモン製造対策1
筋力がつくことにより、精力もつくとされています。筋トレの中でも、場所を選ばずカロリー消費に繋がりやすいのが、「スクワット」です。
スクワットをすることで、生殖機能の周りの筋肉も鍛えられるので一石二鳥というわけです。

モテホルモン製造対策2
ワクワク、ドキドキするだけでテストステロン値が20%もアップするといわれています。
なんでも良いのです。女性と出かけたり、新しい趣味を始めるなどでも、ワクワク、ドキドキすることにトライしましょう。

モテホルモン製造対策3
ホルモンアップには、食べ物も関係してきます。テストステロン値を高めるのに良いとされているのは、”タンパク質”と”亜鉛”です。次に、タンパク質、ビタミンなども必要です。

赤肉、生姜、にんにく、玉ねぎ、キャベツ、ナッツ類、牡蠣などがあげられます。「肉食系女子・男子」などはここからきているのではないのでしょうか?

モテホルモン製造対策4
男性は、男らしい一面を女性にアピールしたいものです。恋をする=ワクワク、ドキドキになり、テストステロン値の向上にもつながります。

モテホルモン製造対策5
成長ホルモンと同じく、深い睡眠もテストステロンの分泌に関係してきます。睡眠をしっかりとっている人ほど、テストステロン値が高いと海外の研究結果でも出ています。
仕事上、頑張り過ぎて睡眠不足になりがちですが、体調管理も仕事の一つだということをお忘れなく。

RELATED:「必見!精力剤の選び方とお勧めサプリ